MENU

服用開始から中止まで?

プレドニンといいうのは比較的利用される事の多いステロイド薬です。

 

ただ、ステロイド自体は元々人体でも作られているホルモンとなっているので、摂取する事によって人によっては副作用が出てしまう事もあります。
では、実際にプレドニンの副作用期間とは一体いつからいつまでなのでしょうか。

 

 

基本的に、ステロイド等をはじめとして医薬品の利用によって副作用が出るかどうかという事は、その人によっても大きく違います。
また実際には症状が出ていたとしても、それ程重症ではない為に気にしないという人もいるので、人によっても大きく違うという事が出来ます。

 

 

だから、一概にいつからいつまでと言う事や、どれ位服用したら感じるようになるという事は言えない、と言うのが実情です。
しかしやはり服用する量が多くなればなるほど副作用は感じやすくなるという事、また長期利用をする事によって副作用が出てくる可能性は高くなって行くという事は言えます。

 

 

基本的に、プレドニンの副作用自体は食用増進や胃腸障害、イライラ、不眠等になります。
またムーンフェイス等になる場合もあります。
>>>ムーンフェイスについて

 

これらの症状に関しては飲み始めてすぐに感じる場合もありますが、長期的に利用するとどうしても起きやすくなるため注意が必要です。
基本的にはプレドニンの副作用期間とは飲み始めてその薬の効果が出てくるようになってから飲む量を減らすか服用をやめてしまうまでは続くと考える事が出来ます。