MENU

無理にプレドニンを摂取しない

代表的なプレドニンの副作用でムーンフェイスと呼ばれる物があります。
>>>ムーンフェイスとは?

 

食欲が急激に増大しますが食べても脂肪の代謝障害のせいで体に悪影響が出ます。
>>>プレドニンで太る理由

 

他にも免疫力が無くなってしまうので風邪を引きやすくなり、病気にかかりやすくなってしまいます。

 

 

免疫力が無いと病気に対抗する力が無くなってしまうので治療自体が遅くなります。
プレドニンを使用すればアレルギーを抑制出来るので便利ですが、摂取し過ぎるとこういった副作用が確実に出てくるので少し辛い時にも適量だけ摂取するようにしましょう。

 

 

妊娠中にもこれ等の副作用に注意が必要です。

 

 

妊娠中の副作用とは只の副作用で体に悪影響が出るだけでなく、お腹にいる赤ちゃんにも悪影響が出る可能性があります。

 

 

プレドニン自体は赤ちゃんに悪影響が出るような成分では無いので妊娠中に摂取してもほぼほぼ問題はありません。

 

 

しかしこれが適量では無く、悪影響が出る程の量を摂取するとなると摂取するのを避けなければなりません。

 

 

この成分を摂取される方は体が弱っている方が多いですが、体が弱っている時点で既に赤ちゃんに悪影響が出る可能性が高くなっているので無理にプレドニンを摂取するのではなく、他の方法も試すように注意しましょう。