MENU

経過観察が必要

頻尿になる原因とは、

  • 加齢
  • 膀胱炎
  • 過活動膀胱

女性なら出産の影響が考えられます。

 

 

一般的に、高齢になるに連れて頻尿になると考えられているので、頻尿になる原因とは加齢の影響だとあきらめている方も少なくありません。

 

 

しかし、それも確かにあるのですが、病気の治療で服用している薬の副作用で起こる場合もあります。

 

 

プレドニンの副作用と言えば、
ムーンフェイス、骨がもろくなる、お腹が出て来るというのを思い浮かべる方が多いでしょうが、膀胱炎になる副作用もあります。
>>>ムーンフェイスについて

 

 

>>>プレドニンの副作用での骨粗鬆症

 

 

>>>プレドニンで太る原因

 

重症例も

この膀胱炎になる確率とはそれほど高いものではありませんが、重症例もあることはあります。

 

その多くの症状は、多尿を感じるものです。
プレドニンの副作用で水を大量に飲みたくなる喉の渇きもあるので、それによって多尿を引き起こすともいえるでしょう。

 

 

膀胱炎の場合には、尿意を感じるのが頻繁になったり違和感、痛みを感じたりするので、我慢が出来ないために自覚しやすいと言われているので、即座に受診をする方が多いのが特徴です。

 

 

頻尿になる原因とは、様々な病気や加齢が考えられますが、プレドニンの副作用で起こっている可能性も否定が出来ないものですので、長期にわたって服用をしている方は、かかりつけ医で経過観察を定期的に行ってもらうことが必要です。

 

 

プレドニンの副作用は、少量では過剰に心配をしなくても済みますが、大量を服用している場合には、この副作用の可能性も考えられるので、定期的な検査や診察が必要だと言う意識を持つようにしましょう。